事例01 工事不要・低コストで構築した 設備アンドンシステム

Before 監視対象が沢山ある 全体を把握出来ない
Before 監視対象が沢山ある 全体を把握出来ない

  • 積層表示灯はあるが、すべての設備を監視出来ない
  • 設備異常に気づくのが遅く、ダウンタイムが減らない
  • 稼働率を上げたいが、何から初めてよいかわからない

After 大型モニタで視認性アップ パソコン1台で一括管理
After 大型モニタで視認性アップ パソコン1台で一括管理

  • パソコン1台で全設備の稼働状況を監視可能に!
  • すぐに異常に気づき、ダウンタイムを削減!
  • 設備ごとの稼働率がわかり、分析が可能に!
改善の着眼点ココがポイント!

設備の稼働状況を一括で見える化し、設備異常を素早く察知する

稼働状況から問題を発見する

システム構成
インターネットに接続しているパソコン

インターネットに
接続しているパソコン

JIGlet®照度デバイス
※積層表示灯1台に対してデバイスは最低1台必要です

既設の積層表示灯

現場設置用大型モニタ
※パソコンに接続して使用します

デバイス設置・システム利用方法

シナリオ構築例


PAGE TOP
資料ダウンロード