【基本編】ボタンで離れた人にメールを送ってみよう!

はじめに

こんにちは。JIGletプロジェクトチームです!皆さんいかがお過ごしですか?
私たちの開発したサービス『JIGlet』がついに、ついに発売になりました!いぇーい!パチパチ。
ということで、皆さんにこのサービスをかわいがってもらえるよう頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします!

さて、JIGletは製造現場でパッと取り出してサッとデータ取りをして、見える化までサクッと持っていける便利なツールです。
今回はボタンデバイスの基本的な使い方をご紹介したいと思いまーす♪

今回の説明で使うモノ

・ボタンデバイス 1個
・iPad(iOS 13以降)
・JIGletアプリ(App Storeよりダウンロードできます!)

ボタンデバイス

JIGletといえばボタンデバイス!まずは外観などご紹介。こちらです↓↓↓↓↓

スマホと比べてこんなサイズ。

ON、OFFのスイッチはこちら。(ひっくり返した端っこ)

ボタンを押したらこんな感じで光ります。

JIGletは、製造現場の色んなシーンで使えるように開発されています。

たとえば、呼び出しに使ったり、メール送信に使ったり、何かのカウントに使ったり、アイデア次第で色んな用途に使っていただくことができるのです!これを実現するのがJIGletアプリのシナリオです。

 

誰かにイベント通知のメールを送るシナリオを作ってみる

JIGletアプリのシナリオについて説明します!
まず簡単にいいますと、シナリオは設定情報です。シナリオのイメージをご覧ください。↓↓↓↓↓

赤、青、緑などの四角いパーツが繋がっていますが、これを『ブロック』と呼びます。
ブロックは、入力ブロック処理ブロック出力ブロックの3種類あります。
それぞれのブロックを設定し、ブロック同士をつなぐことで、入力、処理、出力を関連付けることができます。
この一連の設定情報がシナリオです。

入力、処理、出力を柔軟に組み合わせられるシナリオの自由度が
アイデア次第で色んな用途に使えるJIGletの特徴につながっています。

それでは、『ボタンを押してメールで連絡をする』シナリオを作りましょう!
マイシナリオ一覧から、新規作成ボタンを押してください。

新規作成の方法は3種類あります。

  1. ゼロから自分で作る『新規作成
  2. 既存のシナリオをコピーして編集する『コピーして作成
  3. ボタンで実績数を記録する、など多くの現場で見られる課題を想定した『テンプレートを使って作成』があります。

今回は、1.のゼロから自分で作る新規作成をしましょう。

ボタンデバイスの登録を済ませてあります。(登録の仕方などはヘルプを見てくださいね。)

デバイスオンにしてしばらく待つと...ブロックを動かせるようになります↓↓↓↓↓

登録したデバイスの『入力ブロック』を白紙のところにドラッグします!

『入力ブロック』から『出力ブロック』に線を伸ばしてつなげます!

メールの配信先、題名、本文を入力して・・・できたら保存を押します。

『ボタンを押して連絡する』シナリオができました!

早速押してみましょう!。。。動くかな??ドキドキ♡

これでメールが届きました!シナリオ作成は成功です!

おわりに

どうでしたか?工程向けの通常のシステム導入より簡単に使えると思いませんか?
例えば、作業終了報告や頻繁な呼び出しを軽減するといった『大規模なシステム化を推進するほどでもない』用途に当てはめてみて、現場ならではのクイックな改善活動に使っていただければと思います!ぜひご検討くださいませ!

 

JIGletの資料ダウンロードはこちら  ◎使い方動画はこちら

PAGE TOP