JIGletアプリにログイン後、シナリオ実行中にはセンサーから収集したデータを使って作成された各種グラフを見ることができます。グラフ等はシナリオ単位で蓄積されたデータを基に表示されます。

  1. マイシナリオ一覧画面のシナリオの下部のデータ『』アイコンをタップ
  2. 以下の画面を選択して蓄積されたデータを確認することができます。
    ・回数で集計
     -パレート図
     -円グラフ
     -棒複合グラフ
     -積み上げグラフ
    ・時間で集計
     -パレート図
     -円グラフ
     -タイムライン
     -積み上げグラフ
    ・状態を監視
  3. データの期間設定を行うこともできます。日付設定をタップしてデータを見たい期間を選択します。

 

グラフ表示には以下の制限があります。

  1. データ収集から表示されるまでのタイムラグについて
    回数で集計時間で集計で示されるグラフはデータが実際に収集された1時間の期間後、約1時間~1時間半後にグラフが表示されます。
    (例:10時~10時59分までに蓄積されたデータは12時~12時30分頃にグラフ表示されます。)
  2. 状態を監視におけるタイムラグについて
    状態を監視で表示が変化するタイミングにはタイムラグがあります。
    具体的には、センサーが実際にデータを収集してから十数秒~2分程度のタイムラグが発生する場合があります。
  3. データの欠落について
    ・各時間帯の挟間(例:10時59分付近)や電波状況が良くない場合は、センサーで発生したデータが欠落する場合が稀にあります。