JIGletアプリにログイン後に以下の操作を実施してセンサーの交換処理を実行します。

  • センサー管理画面で対象となるセンサーの詳細アイコン詳細アイコン』をタップします。
センサー管理画面
  • 詳細画面でセンサー交換ボタンをタップします。
    (センサー交換ボタンについては、稼働中のセンサーのみ表示されます。交換元のセンサーは稼働中にする必要があります。)
  • カメラでセンサーに貼られているバーコードを読み取ります。※4
※4:バーコードシールの汚れや破損、カメラの不調などでバーコードを自動的に読み込めない場合は下記手順を実施してください。
以下、『センサーデバイスの登録』と同様の手順となります。
(1):画面右下の認証コードで入力>をタップしてください。
(2):認証コード欄にデバイスに貼付されている認証コード(アルファベットと数字の8桁の組合せ)を入力してください。
(3):入力完了ボタンを押してください。
※5:センサーを交換後、交換元のセンサーは自動的に休止となります。
「休止」状態にした日から180日の間、一度もセンサーデバイスを「稼働」しない場合には、センサーデバイスが自動的に解約されます。
一度解約されたセンサーデバイスは、如何なる場合にも再度「稼働」状態とすることはできません。
    • バーコードの読み取り、もしくは、認証コードの入力後、センサー名と備考情報を入力します。
センサー新規登録確認画面
    • 以上の処理が完了するとセンサー管理画面に遷移されます。
    • 暫くお待ちいただいて(※6)画面左上の更新アイコン更新アイコン』をタップします。(認証処理は数分〜15分程度かかる場合がございます。)
    • 先ほど交換したセンサーのステータスが認証中から稼働中に変化したらセンサーの交換処理は完了です。
センサー管理画面